Home » ユーストリーム番組

Vol.139:トリーチャーコリンズ症候群/渡邊浩行さん Season2

2014年3月21日

ゲストは、トリーチャーコリンズ症候群ワッピーこと渡邊浩行さん。二度めの登場です。
そしてアシスタントは、眼瞼下垂の会まりんさんです。

 本日のゲスト渡邊浩行さんは、トリーチャーコリンズ症候群(=ほほ骨や下あごの骨、耳などの成長が不完全(骨格形成不全)な遺伝性の疾患)の当事者であり、当番組の“はじめてのゲスト”なのです。

 前回の放送では、症状のこととか学校のこととか、どこまで治療をしたらいいのかとか。とくに、治療に対する親の姿勢についての話は、幼い当事者の親御さんたち必見の内容です!
 結構まじめな話をしていたのですが、最後はなぜかおかしな方向に…(笑)

 ちなみに前回の放送はこちら↓。なんだか私も思いのほか初々しい。
 Vol.036 ゲスト:渡邊浩行さん(2011/11/02)

 今日は、番組出演の感想とかその後のことなんかを聞きながら、やっぱりホワイトデーなのでその辺の話なんかも…と思っています!

「見た目問題」を解決すれば、世界は変わる!?

「見た目問題」解決NPO法人マイフェイス・マイスタイル代表:外川浩子こと“ヒロコヴィッチ”が、
ゲストを迎えたり、迎えなかったり…、アシスタントさんがいたり、いなかったり…
ソーシャルストリーム欄を、読んだり、読まなかったり、スルーしたり…
世の中のあらゆる話題から「見た目問題」解決のヒントを見つけ出す1時間ほどのトーク番組。

USTREAM番組『ヒロコヴィッチの穴』生放送は、[毎週金曜、21:00~]生放送!

今回の番組では…、

いい話なのに、見ていない
●自分の意志を手放さない自閉症の子放棄した僕
●働き始めて一ヶ月で、大学生活4年分くらい笑った
●自分がそう思うってことは、自分も誰かからそう思われてるってこと
●相手と自分の境界線がなくなってきて
●「見た目問題」は、人から“見られる”問題だとばかり思っていたけど…
●“見られる”のは、まだ逃げ道があった
●自分に対する軽蔑と他人に対する不信
齋藤陽道さんの写真展に行ったら、ちょっと救われた
●僕はまだ自分らしく生きていないけれど
●「I wanna be your gentleman
●自分に対しても誰に対してもジェントルマンじゃなかった
●3.14、ワッピーのゼロ記念日
●ひどいくらいが丁度いい

…などなど、なんだかとても哲学的、だけど、当事者の素直でリアルな感覚で、深く考えさせられる内容でした。ワッピー、酔ってたけどね(笑)

vol139

今後も MFMS presents 『ヒロコヴィッチの穴』では、世界を変えるため
「見た目問題」当事者さん・NPO活動家・研究者・ドクター・学生・アーティストなど
様々な立場の方をゲストに迎えて、その人の“自分らしい”生き方を通して「見た目問題」解決のヒントを探るUSTREAM《生放送》番組をお送りしていきます!

それでは、来週も金曜夜9時~USTREAM番組『ヒロコヴィッチの穴』生放送を、よろしくお願いしますー。

―――――

USTREAM番組『ヒロコヴィッチの穴』生放送では
「見た目問題」当事者さんの出演を大募集しています!
・・・だがしかし、ヒロコヴィッチがピンと来ない方はお断りさせていただきます。てへ!

当事者の皆さん、ヒロコヴィッチ(外川浩子)と対談・共演してみませんか??
出演希望の方はぜひ、以下の要領でご連絡ください。

お問い合わせフォームから
件名:『ヒロコヴィッチの穴』出演希望

※お名前はハンドルネームでもかまいません
※USTREAMにて顔出し可、「見た目問題」についてなんとなくお話しできる当事者の方に限らせていただきます
※今のところ強大な宣伝能力は持ちあわせておりませんが、その他もろもろご留意くださいますようお願いします

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

コメントをお願いします!

HOME