Home » セミナー

セミナー:「見た目問題」から学べる⇒コミュニケーション・テクニック

2011年7月13日

 

全セミナー無事終了致しました!有難うございましたm(__)m

次回は『ヒロコヴィッチの穴』場外編(予定)でお会いしましょう!

 

あの人と笑って話せるようになる!
~「見た目問題」から学べる ⇒ 日本初のコミュニケーション・テクニック~

「見た目問題」とは、顔や身体に生まれつきアザがあったり、事故や病気によるキズ、欠損、
やけど、脱毛、麻痺、斜視、アルビノ、眼瞼下垂、白斑、アトピー性皮膚炎・・・and more、
「見た目」に症状がある人たちが、その「見た目」がゆえに日々ぶつかる問題です。

その「見た目」から、街や駅で、ジロジロと好奇の目で見られたり、
飲食店や電車内で、時には心ない言動を浴びせられ、傷つくことも…。

日本には、そんな「見た目問題」に悩む当事者が、およそ100万人います。

そして彼らは、そのような環境に身を置き、毎日のように「一般の人(非当事者)との接触」に
細心の注意をし、慎重に(少し臆病に)なりながら生活をしています。

もしあなたが、
顔に赤いアザがある人や、事故や病気で顔が変形している人に出会ったら、
まったく問題なく、なにも気にせず、楽しく会話をはじめられますか?

普通、ビックリしてしまいませんか。戸惑って、うまく会話できないとは思いませんか。
正直そう思います。
彼ら当事者の「見た目」が、コミュニケーションの壁になり、困ることはあります。

そんなふうに、彼らの「見た目」が気になってしまうのは、いけないことなのでしょうか。
…実は、ちっともいけないことではありません。
「見た目」の症状が気になってしまうのは、多くの人にとって自然なことです。

「見た目」の違いが壁となり、どうコミュニケーションをとればいいのか分からない。
けれど、彼ら「当事者」とも、笑って話せるようになりたい。

今まで、何度もそう思ったあなたに、
「見た目問題」当事者と、うまく笑って話せるコミュニケーション・テクニックをお教えします。

このセミナーには、
当事者ともっと親しくなりたい、笑って話せるようになりたいと思っているみなさんと、
「見た目」に症状がある当事者ご自身と、
両方の立場の方が参加されます。
互いに歩み寄り、コミュニケーションの壁を越える・・・。
そんなセミナーです。

※セミナー概要は、こちらから

 

※セミナー開催趣旨は、こちらから

 
※セミナーの収益は、すべてMFMSの活動資金とさせていただきます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

Comments are closed.

HOME